仕事に向き合う姿勢について① 書籍執筆編「出版書籍累計12万冊を超えて」

出版した紙版書籍7冊たちがそれぞれ版を重ねているので、いったい全部で何部刷ったのかを久しぶりに数えてみたところ、累計12万冊に達していました! 最近は仕事で初めてお会いする方も、「大津さんの本、読んだことあります」と言っ […]

【LIXILグループ】GE流からモノタロウ流へ、新たな中期経営計画に期待

【LIXILグループ】の決算が昨日9日に発表されました。 瀬戸現COOは6月の株主総会を経て社長兼CEOに正式に就任されるため、このタイミングでの決算発表には、やはり特段の目新しさはないものでした。 数多くの大型M&Aを […]

【出光興産】石油業界は見た目の決算数値だけに翻弄されてはならない

今日の日経新聞によると、本日の主たる決算発表企業は、 ミクシィ、ヤクルト本社、味の素、武田薬品工業、テルモ、出光興産、住友ゴム工業、クボタ、ダイキン工業、ミネベア、ローム、IHI、スズキ、丸紅、三井物産、三菱商事、オリッ […]

【アコム】マイナス金利のメリットを享受する代表的な業界は消費者金融

業績絶好調の【アコム】が本日決算発表。 同時に発表した中期経営計画の数値もたいへんアグレッシブな内容です。(参照:IR情報)   日銀のマイナス金利が今年1月に発表された際、銀行の株価は暴落しました。銀行にとっ […]

【富士重工業】円高の影響で2016年度は減益予測も、競合比優位性の高い利益率は持続

昨日の日経1面では、販売は好調ながら円高の影響によって、富士重工業の今年度(2016年度)は営業利益2割減益(約1000億円)予想との記事がありました。 いよいよ円高 ⇒業績堅調推移した輸出産業に痛手 ⇒2016年度より […]

【伊藤忠商事】営業利益や経常利益ではなく、総利益と純利益で決算を語る総合商社

伊藤忠商事の決算が昨日(6日)に発表されています。 資源価格の下落によって大手総合商社が軒並み大幅利益減や赤字に陥る中、これまで非資源分野に力を入れてきた伊藤忠が、初の総合商社トップの利益を稼いだと、メディアでも取り上げ […]

2015年度決算発表記事や企業IRサイトで注目したい3つのポイント

GWも終わり、3月期決算企業の決算発表真っ只中のシーズンに入っていきます。今日5月6日はGWと週末の間の1日なので比較的少なめですが、それでも伊藤忠商事、長瀬産業、チムニー、ダイドーなどが年度決算を発表します。 今後10 […]

BBTオンライン講座「マネージャーのための戦略的財務会計」を開講

  BBT(ビジネス・ブレーク・スルー)大学から、オオツ・インターナショナル代表・大津広一が講師を務める、オンライン講座「マネージャーのための戦略的財務会計」をリリースしました。 本講座は、全7回約9時間のオン […]

「会計プロフェッショナルの英単語100」が累計1万冊突破

2013年9月にダイヤモンド社より出版した「会計プロフェッショナルの英単語100」。 お陰さまで2015年3月に3回目の重刷となり、累計1万冊を超えました。ご購読いただいた読者の皆さま、ありがとうございました。  英文会 […]

早稲田大学大学院、多摩大学大学院の担当クラスの日程とシラバスのご案内

◆担当科目は「企業分析と経営指標」 先の記事でご案内したように、今年度より、早稲田大学大学院商学研究科と多摩大学大学院経営情報学研究科の2つの大学院にて、客員教授に就任いたします。 2つの大学院ともに、私がもっとも関心の […]