【アカウンティング】1日で身につける英語力と会計力 ー中級編ー


 

なぜ英語で会計を学ぶのか?

グローバル時代の到来です。大手企業が社内英語教育を強化したり、入社時や昇格時にTOEICの点数基準を設けるなど、私たち自身のキャリアや生活の身近なところで、英語力の必要性が日増しに高まっています。

一方、いざ海外に行こうとなっても、海外販路の拡大、海外工場の建設や現地企業への生産委託、あるいは現地での人材採用でも、最後は「採算が合うのか?」が必ず問われます。採算を計算するモノサシは会計です。会計力がなければ、海外でのビジネス・コミュニケーションは容易ではありません。

英語と会計はグローバル時代の2つの共通言語です。どちらも完ぺきである必要はないですが、必要最低限は話せなくてはならないグローバル言語です。そうであるなら、会計と英語を同時に学んでみてはどうでしょう。多くの会計用語は英語の方が直接的で分かりやすい表現なので、学んでいくうちに実は一石二鳥であることに気づくはずです。

 

プログラムの特長

  • 英語で会計をコンパクトに1日で学べる
  • 資料、解説、討議、使用ケース企業のすべてを完全英語で実施
  • 講師は、米国公認会計士、米国MBA保有者。銀行、証券、ベンチャー企業での実務経験多数
  • ビジネススクールで10年、企業内研修で年30社の教鞭をとる豊富な講師実績
  • 早稲田大学院ビジネススクールでは、2006年より230名の留学生に英語で会計を指導
  • 日本人講師が日本人のペースに合った英語スピードで解説

 

 受講対象者

  • 簡単なビジネス英会話は行うことのできる方
  • 現在就業中、または実務経験のある方(営業、技術、経理などの職種は問いません)

※初級者、上級者対象の場合は、内容や進め方を調整します。ご相談ください。

 

研修の様子(動画)

「英語力×会計力」サンプル動画1

 

「英語力×会計力」サンプル動画2

 

プログラム内容

<英語>

Accounting in the English Language -Intermediate-

 

  1. Income Statement (Profit and Loss Statement)
  • Flow information that videotapes corporate activities
  • Reading I/S with a matrix
  • Quiz: Comparing five companies and guessing which one is which
  • Overview of industry averages in profitability ratios
  • Introduction of % Change Calculations
  • Case study of Company A

 

  1. Balance Sheet
  • Stock information that snapshots corporate activities
  • Three Rules in reading B/S; Big Picture, Prioritization, and Hypothesis Thinking
  • Focus in analyzing accounts receivable, inventories, PP&E and accounts payable
  • Evaluation of Capital Structures
  • Overview of industry averages in asset efficiency ratios
  • Introduction of Common-Size B/S
  • Case study of Company B

 

  1. Cash Flow Statement
  • Flow information that videotapes corporate C/F management
  • Reading C/F on a flow basis
  • FCF management with working capital investment
  • Evaluation of C/F with a bankrupt company
  • Case study of Company C

 

  1. Business Segment Analysis
  • Analyzing Company D’s business segment
  • Calculating composition ratios, ROA, ROS, ATO, Investment ratio
  • Finding differences across different segments

 

  1. Comprehensive Case Study
  • Analyzing Company E with financial ratios, % Change Calculations, Common-Size F/S along with its strategy

 

  1. Wrap-up and Q&A

 

 

<日本語>

1日で身につける英語力と会計力 中級編

 

  1. 損益計算書 (I/S)
  • 企業活動をビデオ撮影するフロー情報
  • 損益計算書はマトリクスで読む
  • クイズ: 5つの企業を比較する
  • 利益率の業界平均値
  • 成長率計算
  • ケーススタディ: A社

 

  1. 貸借対照表 (B/S)
  • 企業活動を写真撮影するストック情報
  • B/Sを読むための3つの基本原則:大局観、優先順位、仮説思考
  • 売掛金、棚卸資産、有形固定資産、買掛金の分析の切り口
  • 資本構成を評価する
  • 資産効率性の業界平均値
  • 百分率貸借対照表
  • ケーススタディ: B社

 

  1. キャッシュフロー計算書(C/F)
  • 企業のキャッシュフロー動向をビデオ撮影するフロー情報
  • CF計算書はフローで読む
  • 運転資金管理に基づくFCFマネジメント
  • 倒産企業のC/Fを分析する
  • ケーススタディ: C社

 

  1. 事業セグメント分析
  • ケーススタディ: D社
  • 構成比、ROA、ROS、ATO、投資比率を計算する
  • 事業セグメントごとの違いを評価する

 

  1. 総合ケース・スタディ
  • ケーススタディ: E社
  • 会計指標分析、成長率計算、百分率財務諸表を用いて、経営戦略と共に考察する

 

  1. まとめとQ&A