代表者について


代表者紹介

大津広一

 

大津 広一

 

株式会社オオツ・インターナショナル代表
米国公認会計士、経営コンサルタント

早稲田大学大学院ビジネススクール(経営管理研究科) 客員教授
多摩大学大学院ビジネススクール(経営情報学研究科) 客員教授
慶應義塾大学理工学部管理工学科非常勤講師

Twitter: @KoichiOtsu

1989年、慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。米国ニューヨーク州ロチェスター大学経営学修士(MBA)。富士銀行、バークレイズ・キャピタル証券、ベンチャーキャピタルを経て、2004年に株式会社オオツ・インターナショナルを設立。

会計・財務領域に軸足を置いた、経営コンサルティングや経営者メンターに従事する。また、大手メーカー、金融機関、流通、サービス、外資系企業など年間30社に対して、アカウンティングとコーポレート・ファイナンス領域の教育講師を務める。東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)上場企業監査役(1社)、上場準備中企業の取締役監査等委員(1社)、および、電機連合の財務顧問を兼任している。

中央大学アカウンティングスクール講師、グロービス・マネジメント・スクール講師を歴任し、現在は早稲田大学大学院経営管理研究科客員教授、及び多摩大学大学院経営情報学研究科客員教授。早稲田大学では、2006年より毎年40名の留学生に英語で会計を指導している。
みずほ総合研究所、SMBCコンサルティング、アカデミーヒルズ、日経ビジネススクール、財団法人日本生産性本部、社団法人企業研究会、プロネクサスにおいても、定期的にオープンセミナー講師を担当。

著書に『企業価値を創造する会計指標入門』『戦略思考で読み解く経営分析入門』『英語の決算書を読むスキル』『会計プロフェッショナルの英単語100』(以上、ダイヤモンド社)、『ビジネススクールで身につける会計力と戦略思考力<新版>』『ビジネススクールで身につけるファイナンスと事業数値化力』『ビジネススクールで身につける会計力と戦略思考力 ビジネスモデル編』(以上、日経ビジネス人文庫)、『クイズ形式!会計知識ゼロでも数値から会社が読める本』(ユナイテッド・ブックス)がある。

 

<シリーズ『仕事に向き合う姿勢について』>

書籍執筆編「出版書籍累計12万冊を超えて」

企業内研修編「年間30社の企業内研修を担当して」

大学教員編「3つの大学の教員となって」

 

<メディア掲載>

Kisobi 著者インタビュー
「ビジネスモデルが会計の数字を決める(前編後編)」

BOOKSCAN × 著者インタビュー
得意の英語と会計のジャンルで、新しい価値観を伝えたい