2020年、新年のご挨拶


シンガポール

令和元年となった2019年も振り返ればあっという間に過ぎ去り、いよいよ東京オリンピック・イヤーの2020年となりました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2019年も会計・財務に軸足を置いた、コンサルティングや顧問先企業・経営者支援、および企業内教育支援を中心に日々駆け抜けた一年となりました。多摩大学、早稲田大学、慶應義塾大学における非常勤教員としても引き続き就任し、20代の大学生から50代の社会人学生の方まで、広く指導する機会をいただきました。

また、2019年4月にはピジョン株式会社の社外監査役を拝命し、株式会社スプリックスの社外取締役と合わせて、2社の一部上場企業の社外役員として従事しております。

 

さて2020年、気持ち新たに新年を迎え、再び新しいことにチャレンジしていく実り多き一年にしていきたいと考えています。2004年に創業して早や16年。たくさんのクライアント企業様やパートナー企業様との良い出会いにより、順調に業容を拡張し、自身も成長してまいりました。一方で、どんな仕事であっても油断すればマンネリや惰性、最悪には手抜きに至ってしまう危機感との戦いでもあります。「現状維持思考 = 衰退の一途」であることに異論の余地はありません。

そうした事態に陥らないためには、「初心を忘れないこと」「ひとつひとつの仕事を丁寧に」「感謝の気持ちを忘れずに」と肝に銘じて、どんなことにも前向きに、クライアント企業への価値の最大化を常に念頭に置いて行動していきたいと考えております。

プライベートでも、自分が無償でも心から奉仕できるキーワードを並べ出し、それらを実現できるための活動を今年から少しずつスタートさせようと考えています。

新年の思いが一年を通して持続し、かつ実行に移せるように、今年も一年間しっかり前を向いて努力してまいりたいと思います。

 

末筆になりますが、皆様におかれましても、2020年、益々のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

本年も皆様からの温かいご指導・ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

PS 写真は、年末に家族でノンビリと過ごしたシンガポールでの一枚です。マーライオンのように、あらゆる観客を魅了する存在を目指して、今年も一年がんばります!

 

株式会社オオツ・インターナショナル 代表
多摩大学ビジネススクール 客員教授
早稲田大学ビジネススクール 非常勤講師
慶應義塾大学理工学部 非常勤講師
米国公認会計士 大津 広一

 


著者

大津 広一

株式会社オオツ・インターナショナル代表
米国公認会計士、経営コンサルタント

早稲田大学大学院ビジネススクール客員教授
多摩大学大学院ビジネススクール客員教授
慶應義塾大学理工学部管理工学科非常勤講師