決算書を読む前に、はじめに確認したいこと


様々な企業の決算書を読む際に、最初に以下の三つを確認することから始めましょう。

1.日付を確認する

損益計算書( PL )には期間、貸借対照表( BS )には決算日の日付が記述されています。 PL は一年間の入りと出を並べたものなのでその期間が記述される一方、 BS は決算日真夜中 24 時の言わばスナップショットであり【図 1 】、貸方(右側)にお金の調達先(負債と株主資本)、借方(左側)にお金の使用先を映し出したものです。その両者は必ずバランスするのでバランスシートと言うわけです【図 2 】。熱心に分析した後に実は5年も前の財務諸表だったなどということのないように、日付を最初に確認しましょう。

損益計算書( PL )はフロー(期間)、貸借対照表( BS )はストック(決算日)

【図1】損益計算書( PL )はフロー(期間)、貸借対照表( BS )はストック(決算日)

バランスシートは必ずバランスする

【図 2 】バランスシートは必ずバランスする

 

2.単独財務諸表か連結財務諸表か

単独財務諸表は個別の会社のみ、連結財務諸表は個別の会社とそのグループ会社を合算したものです。企業は最終的にはグループ全体として評価されるもので、新聞記事での売上や利益の金額も通常は連結財務諸表について記述されています。株式市場における企業の評価も連結財務諸表に対するものがあくまで中心です。

 

3.単位はいくらか

財務諸表により百万円、億円といったように単位が異なる場合があるので注意しましょう。ビジネスパーソンであれば、数千億円や数十億円といった単位を聞けば、それぞれのおおよその土地勘を持っているでしょう。その土地勘をそのまま活かして企業の規模感をつかんでいきましょう。

 

4.塊でとらえる

決算書を読む上で最も望ましくないのは、意味なく上から順番に読み取ろうとすることです。 PL でも BS でも、空中高いところからを眺めたつもりになって、大きな塊ごとに状況をとらえていくことが大切です。まず大局をつかんでから、詳細な分析に入っていきましょう。 

PL の各利益項目を塊でとらえる

【図 3 】PL の各利益項目を塊でとらえる

 

 

シリーズ 財務諸表から見える企業

決算書を読む前に、はじめに確認したいこと