週刊ダイヤモンド 特集「商社の英語」に寄稿しました


週刊ダイヤモンド_商社の英語_表紙

週刊ダイヤモンド 2016年12月10日号 特集「商社の英語」に、

【5 読解力 Reading comprehension】
難解な商社決算が読めれば どの「英語決算書」も読める!
(p66-67)

の記事を寄稿しました。

 

事業が多岐にわたる総合商社。三菱商事、三井物産、伊藤忠商事の2016年度第2四半期の英語版の連結損益計算書を用いて、その事業の構造と決算書のつながりを簡易に解説しています。

総合商社は、なぜ営業利益や経常利益ではなく、売上総利益や純利益を主言語にして決算説明を行うのか、昨今「資源会社」とも言われる総合商社の決算書は、いかに資源価格の動向から影響を受けるかについても解説しております。

 

 

詳しくは、本誌をご覧ください。

>>>Amazonで購入する

 

週刊ダイヤモンド デジタルサービスの記事

※リンク先は、定期購読者限定コンテンツです。

 

 


著者

大津 広一

株式会社オオツ・インターナショナル代表
米国公認会計士、経営コンサルタント

早稲田大学大学院ビジネススクール客員教授
多摩大学大学院ビジネススクール客員教授
慶應義塾大学理工学部管理工学科非常勤講師