【人材開発担当者向け無料セミナー】会計・財務に強いビジネスリーダーを育てるための教育体系の作り方 2014年9月開催


 【人材開発担当者向け無料セミナー】会計・財務に強いビジネスリーダーを育てるための教育体系の作り方 

オオツ・インターナショナルでは、人材開発担当者の方々を対象にして、ビジネスリーダーに不可欠な会計・財務スキルを習得するための理想的な教育体系について、無料セミナーを開催します。会計・財務分野の教育に20年近くにわたり携わった大津広一がスピーカーを務めます。

 

開催概要

セミナー名

【人材開発担当者向け】
会計・財務に強いビジネスリーダーを育てるための教育体系の作り方

開催日時

2014年9月2日(火)          15:00~17:00(開催済)

2014年9月18日(木)           15:00~17:00(開催済)

※  いずれかの日程を選択し、事前申し込みをお願いします。

講師

大津 広一 (プロフィール

株式会社オオツ・インターナショナル代表
米国公認会計士、経営コンサルタント
早稲田大学大学院商学研究科ビジネススクール講師

場所

クロスコープ青山セミナールーム

対象者

企業の人材開発担当者(人事部、事業部門は問いません)

定員

各回 10名限定

受講料

無料

 

内容

  1. オオツ・インターナショナルで最重視している会計・財務教育の3つの要諦
  2. 年代別に見る、理想的な会計・財務プログラムの狙いと具体的なプログラム
  3. オオツ・インターナショナルで実施した会計・財務研修の成功事例のご紹介
  4. 付加価値を付けたプログラム提供(オンライン、アセスメント、英語など)の実績のご紹介
  5. 模擬演習: オオツ・インターナショナルのプログラムの特異性を体感していただきます
  6. Q&A、個別ご相談 

 セミナー申込

 

次のような問題意識をお持ちの方は、ぜひお気軽にご参加ください。

  • 社員にとって不可欠なスキルの1つである会計・財務の理想的な教育体系について学びたい
  • 自分自身が会計・財務分野の経験が少ないため、新入社員に始まり、どの年代までに会計・財務の何を習得しておくべきかについて広く知っておきたい
  • 事業部門別の課題解決に基づいた、会計・財務研修のあり方について知見を深めたい
  • 次世代経営幹部候補であるシニア層に対しては、どこに焦点を絞った会計・財務を学ばせるべきかについて意見交換をしたい
  • 海外赴任候補者、海外事業部門、海外グループ企業管理者など、海外企業の会計・財務に携わる社員に対して、英語で会計・財務をつかいこなすスキルを短期間で習得させたい
  • オンラインによる教育、アセスメント評価、英語による学習など、より付加価値を付けた教育提供手法について、理解を深めたい

 

1日の仕事の中で、売上、利益、コスト、在庫、設備投資などの用語を話さないで終わることはないように、会計は日々のビジネスの共通言語であることは間違いありません。その一方で会計への苦手意識を多くの社員が持っているのもまた事実です。

 それは、会計=「会計用語の暗記」、「会計ルールの理解」という先入観が植えつけられてしまっているためでしょう。その根源をさかのぼると、入社直後に経理担当でもなければ必要ない細かな簿記のトレーニングを受けたためかもしれません。または、経理担当の社員が講師を務め、難しい言葉を並べて自社の会計状況を説明するセッションを開いてしまったからかもしれません。

人材開発担当者としては良かれと思って実施したセッションでも、参加した方にとっては苦痛以外の何物でもありません。会計に対するマイナスのインプットが最初にされてしまうと、「会計はなるべく近寄りたくない世界」という会計アレルギーを抱え込むことに陥ります。

そんな状況から10年、20年が過ぎ、突然に子会社の経営者として抜擢される方はある意味悲惨です。武器のない戦い、言語が分からないコミュニケーションを、世界の百戦錬磨の相手と行わなくてはならないのです。

 

会計はビジネスパーソンにとって不可欠なスキルであることは間違いありません。

営業・マーケティング担当者であれば、どのような販売施策によって顧客や売上の拡大を目指すのか。それにはどんな費用、資産が必要で、どんなマーケティングの4P政策によって、持続的な利益を出そうというのか。数値計画を伴わない営業・マーケティング施策は現実的には存在しえないのです。

製造部門であれば、例えば内製化か外注かの選択が迫られています。製法の変更によって在庫や物流、営業活動に与える影響を、すべて数値で正確に把握しておかなくてはなりません。2つの選択肢の間に存在する数値の差額を精緻にとらえ、適切なアプローチによって数値に基づいた意思決定を行わなくてはならないのです。

 

弊社代表の大津広一は、1996年より社会人教育に携わり、会計・財務分野の講師、及び研修体系の設計者として従事して参りました。

その間、ビジネススクールや社内教育研修を通して、のべ3万人を超える社会人学生に対して、ビジネスに必要な会計・財務を指導して参りました。また2005年の初出版以来、累計8冊の会計・財務分野に関する書籍を執筆することで、教室の場では出会えない多くの日本のビジネスパーソンへの学習機会を提供して参りました。

 そうして20年近くにわたって培ってきた、会計・財務分野の社員向け教育の大切なポイントについて、2時間を使って無料セミナーを開催させていただきます。

 

企業内の会計・財務分野の体系について悩みを抱えていらっしゃる人材開発担当者の方々は、ぜひお気軽にご参加ください。少人数で意見交換も行いながら、相互に学びあうセッションにしていきたいと考えております。

 

<参考>
オオツ・インターナショナル代表の大津広一が、会計・財務分野の講師を務めるにあたって、大切にしている3つの理念

 セミナー申込

 


著者

株式会社オオツ・インターナショナル