Depreciation Expenses(減価償却費)|会計プロフェッショナルの英単語100


%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88069hqs

減価償却費:Depreciation Expenses(英語)

 

減価償却費とは、長期にわたって使用する固定資産を、そのメリットを及ぼす期間(耐用年数)に配分して費用化することです。そうすることで、期間の損益計算はより正確なものとなります。

日本では耐用年数は法人税法(Corporate tax law)に基づき決定される場合が多いですが、海外では実態を重視した年数の設定がより一般的です。

代表的な償却方法には、定率法と定額法があります。定額法は毎年一定額を均等償却するものなので、計算は容易な半面、固定資産が劣化しても同じ費用が発生し続けるという不一致が生じる可能生があります。定率法は前年度の償却残高に一定の償却率を掛けて計算するため、初年度の費用負担は大きくなります。反面、初期の節税効果が得られるメリットがあります。

 

 

◆ 関連用語

減価償却費に関連する用語を整理しましょう。

定額法=Straight line method

定率法=
Accelerated method

(200%償却の場合、Double Declining Balance method)

耐用年数=
Economic life、Service life、Useful life、Depreciable life、Durable years

残存価額=Residual value、Salvage value

償却対象資産=Depreciable asset

Depreciateは、「~を減価償却する」という動詞としての活用も可能です。

例:Depreciate this vehicle over 6 years.

(この車は6年かけて償却してください。)

 

 

◆ 他の単語と組み合わせると

 

Bargain price 【名】特売価格・見切り値段


Although this equipment was bought at bargain price, we can record its depreciation expense well over 10 years.

▶  この装置はバーゲン価格で購入しましたが、たっぷりと10年以上かけて減価償却できそうです。

 

Residual value 【名】残存価値


We estimate the residual value of this machine, after 5 years of depreciation, to be $2,000.

▶  この機械の5年の減価償却後の残存価値は2千ドル、と我々は想定しています。

 

Advantage 【名】有利な点


One advantage of accelerated depreciation is lower taxable income in the beginning.

▶  加速減価償却の1つの利点は、初期の課税所得が少なくなることです。

 

 

◆ 世界の一流企業はこう語る

The estimated useful lives of our property and equipment are generally as follows: computer software developed or acquired for internal use, three years; computer equipment, two to three years; buildings and improvements, five to 15 years; leasehold improvements, two to 10 years; and furniture and equipment, one to five years.

(出所:Microsoft Corporation, Annual Report, 2012)

▶  私たちの固定資産の見積耐用年数は、概ね次の通りです:内部使用目的で開発または購入したコンピュータ・ソフトウェアは3年、コンピュータ機器は2~3年、建物及び改良工事は5~15年、賃借物件の改良工事は2~10年、家具・器具は1~5年。

 

 

(大津広一・我妻ゆみ著「会計プロフェッショナルの英単語100」ダイヤモンド社より)

(イラストグラフィックデザイン:我妻志保
Illustrated graphic design:Shiho Wagatsuma)

 

<書籍紹介>

会計プロフェッショナルの英単語100

会計プロフェッショナルの英単語100

厳選した重要単語を、現場でのニュアンスや関連用語との組合せ方まで掘り下げて解説した「会計×英語」入門の決定版が登場!
読者は、ビジネスで必須となるBS・PL上の100語を深く理解しながら、それに関連する主要な会計英単語の意味と使い方を知ることができます。
外資系企業の方はもちろん、海外赴任者、米国公認会計士の受験者、海外MBAの受験者、 経理・財務・IR等の担当者の必携書です。

>>> この本をAmazon.co.jpで購入する


著者

大津 広一

株式会社オオツ・インターナショナル代表
米国公認会計士、経営コンサルタント

早稲田大学大学院ビジネススクール客員教授
多摩大学大学院ビジネススクール客員教授
慶應義塾大学理工学部管理工学科非常勤講師