Equity Gains (Losses) of Affiliated Companies(持分法による投資利益(損失))|会計プロフェッショナルの英単語100


持分法による投資利益(損失):Equity Gains (Losses) of Affiliated Companies(英語)

 

ある企業の20%以上50%以下の議決権ある株式を保有するなど、影響力を有する場合、その企業を関連会社(Affiliated companyまたはAffiliate)と呼びます。関連会社はフルで連結することなく、当該企業の純利益×持分比率(%)に相当する額を、営業外収益に持分法投資利益(Equity in gains)として計上します。PL上のたった1行のみ連結されるので、1行連結(Single line item)とも呼ばれます。

もし当該企業が赤字の場合には、営業外費用に持分法投資損失(Equity in losses)として計上します。海外の会計基準では、持分法投資利益は当期純利益の直前に挿入するのが通常なので、表記される場所の違いに注意しましょう。

関連会社の多い企業は、なぜ子会社として保有しないのか、自社が保有しない株式は誰(特定の株主or不特定多数?)が保有しているのか、どの株主が主導的な立場にあるのかなどについて、考察を深めましょう。BS上での関連会社投資額がわかっていれば、持分法投資利益を当該投資額で割ることで、単年度当たりの関連会社投資利回りを計算することも可能です。

 

 

◆ 関連用語

 

持分法のことをEquity methodと呼びます。このため、持分法投資利益を、Equity method investment gainや、Investment gain on equity methodと表現することも可能です。また、Gainの代わりにEarningsやIncomeを使うこともありますが、どの表現もEquityは使います。

 

 

◆ 他の単語と組み合わせると

 

Unconsolidated 【形】非連結


We account for our investments in unconsolidated entities using the equity method.

▶  当社は持分法を用いて非連結事業体への投資を計算しています。

 

Proportionally 【副】比例して・按分に

Share 【名】持分・分け前


We need to report income from XYZ Company proportionally according to share.

▶  我々は持分に応じて、XYZ社の利益を比例して報告する必要があります。

 

Certain 【形】ある程度の


The main reason to include affiliate earnings in an income statement is for having certain influence over the affiliate.

▶  関連会社の利益を損益計算書に含ませる主な理由は、関連会社に一定の影響力を及ぼしているからです。

 

 

◆ 世界の一流企業はこう語る

Equity investments, including our 29% investment in LivingSocial, are accounted for using the equity method of accounting if the investment gives us the ability to exercise significant influence, but not control, over an investee.

(出所:Amazon.com Inc., Form 10-K, 2012)

▶  LivingSocial社への29%の持ち分のような、投資先に対して私たちが重大な影響力は持っていても支配権は保有しない株式投資については、持分法を使って会計処理されます。

 

 

(大津広一・我妻ゆみ著「会計プロフェッショナルの英単語100」ダイヤモンド社より)

(イラストグラフィックデザイン:我妻志保
Illustrated graphic design:Shiho Wagatsuma)

 

<書籍紹介>

会計プロフェッショナルの英単語100

会計プロフェッショナルの英単語100

厳選した重要単語を、現場でのニュアンスや関連用語との組合せ方まで掘り下げて解説した「会計×英語」入門の決定版が登場!
読者は、ビジネスで必須となるBS・PL上の100語を深く理解しながら、それに関連する主要な会計英単語の意味と使い方を知ることができます。
外資系企業の方はもちろん、海外赴任者、米国公認会計士の受験者、海外MBAの受験者、 経理・財務・IR等の担当者の必携書です。

>>> この本をAmazon.co.jpで購入する


著者

大津 広一

株式会社オオツ・インターナショナル代表
米国公認会計士、経営コンサルタント

早稲田大学大学院ビジネススクール客員教授
多摩大学大学院ビジネススクール客員教授
慶應義塾大学理工学部管理工学科非常勤講師