Property, Plant and Equipment(有形固定資産)|会計プロフェッショナルの英単語100


%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88018hqs

有形固定資産:Property, Plant and Equipment(英語)

 

Property、Plant、Equipmentのどれも、個別には日本語で「設備」と訳すことができますが、総称して有形固定資産を意味します。省略してPP&E、または単にPPEと表記されます。日本のBS上では、Buildings、Land、Machineryなど、有形固定資産をさらに種類ごとに区分けして表記するのが一般的ですが、海外ではまとめてPP&Eとのみ表記するのが通常です。日本の有価証券報告書上では、工場ごとの有形固定資産の計上額が詳細に記述されるのに比べると、海外は決算書類の注記でも、それほど細かい表記はありません。

PP&Eの数値を見る時に最初に注意すべきは、それが取得価額(Acquisition cost)なのか、あるいは減価償却が進捗している現時点での簿価(Book valueまたはCarrying amount)なのかです。詳細は減価償却累計額を参照してください。

 

◆ 関連用語

前項で触れたように、PP&Eの代わりに、有形固定資産をFixed assetsやTangible assetsと表記する場合もあります。これら3つの中で、PP&Eがもっとも直接的表現で有形固定資産を明確に表しています。

売上高を有形固定資産で割って計算する指標を、有形固定資産回転率((Tangible) Fixed assets turnover rate)と言います。これは保有する有形固定資産が、効果的に売上高に結び付いているのか、あるいは過剰な設備負担となっていないかを判断するための指標です。

018ppande02

業界特性の表れやすい指標で、製造業では2~5倍と広いレンジに及びます。電力や鉄道業界では、同指標が1倍を下回る(売上より有形固定資産の額が大きい)場合もあります。

 

 

◆ 他の単語と組み合わせると

 

Considerable 【形】かなりの


Large shipping companies carry considerable PP&E due to the countless  ships that are necessary for business.

▶  大手海運会社はビジネス上、非常に多くの船舶を必要とするため、有形固定資産が相当の額に及びます。

 

Measurement 【名】測定・計算


PP&E is recorded separately in accounting, because different methods of depreciation measurement may be applied.

▶  有形固定資産は、減価償却において異なる計算方法を適用することがあるため、会計上は(他の資産と)分けて表記します。

 

Vital 【形】重要な・必要な


On the one hand PP&Es cannot be easily liquidated, but they are also vital to business operations.

▶  有形固定資産は容易に現金化できない側面を持つ一方、事業運営には欠くことのできない重要なものです。

[便利なイディオム]on the one hand~ ▶~である一方

 

 

◆ 世界の一流企業はこう語る

GE property, plant and equipment consisted of investments for its own productive use, whereas the largest element for GECC was equipment provided to third parties on operating leases.

(出所:General Electric Company, Annual Report, 2012)

▶  GEの有形固定資産は、自社の生産用途の投資であるのに対して、GECC(GE の金融子会社)の大部分の中身は、オペレーティングリース契約で第三者に貸与する機器でした。

 

 

(大津広一・我妻ゆみ著「会計プロフェッショナルの英単語100」ダイヤモンド社より)

(イラストグラフィックデザイン:我妻志保
Illustrated graphic design:Shiho Wagatsuma)

 

<書籍紹介>

会計プロフェッショナルの英単語100

会計プロフェッショナルの英単語100

厳選した重要単語を、現場でのニュアンスや関連用語との組合せ方まで掘り下げて解説した「会計×英語」入門の決定版が登場!
読者は、ビジネスで必須となるBS・PL上の100語を深く理解しながら、それに関連する主要な会計英単語の意味と使い方を知ることができます。
外資系企業の方はもちろん、海外赴任者、米国公認会計士の受験者、海外MBAの受験者、 経理・財務・IR等の担当者の必携書です。

>>> この本をAmazon.co.jpで購入する


著者

大津 広一

株式会社オオツ・インターナショナル代表
米国公認会計士、経営コンサルタント

早稲田大学大学院ビジネススクール客員教授
多摩大学大学院ビジネススクール客員教授
慶應義塾大学理工学部管理工学科非常勤講師