Goodwill(のれん)|会計プロフェッショナルの英単語100


Goodwill

のれん:Goodwill(英語)

 

Goodwillはビジネス上の「信用」を意味する単語で、正に日本語の「のれん」と同義です。被取得企業のBS上にある純資産に対して支払われるプレミアムの金額に相当するもので、定量的に計算されます。BSには計上されないブランドや技術、あるいは顧客ベースなど、何らかの超過収益力(Excess earning power)が企業には存在するため、プレミアム(正ののれん)を支払って買収するのが一般的です。まれに純資産価値より低い金額で買収が行われ、その場合は負ののれん(Negative goodwill)が発生します。

2013年現在、日本基準ではのれんを20年以内の年数で償却(Amortize)しますが、米国基準とIFRSでは償却しません。M&Aした後に、被取得企業が十分な利益を生み出していない場合、日本も海外ものれんは減損されます。米国基準及びIFRSでは減損の兆候の有無にかかわらず、必ず年一度の減損テストが要求されます。日本では減損の兆候がある場合のみ減損テストが要求されます。のれんが膨らんでいる企業は、万一減損になった場合に、利益剰余金や純資産がどの程度棄損するかを確認しておきましょう。

 

◆ 関連用語

日本ではのれんを償却しますが、海外では償却しない場合がほとんどです。そこで、日本企業と海外企業を営業利益で比較してしまうと、販管費でのれん償却費を計上する日本企業の利益が低く映ります。そこで、日本企業と海外企業を比較するには、のれんの償却費(Amortization)を営業利益に足し戻したEBITA(Earnings Before Interest, Taxes, and Amortization)を計算します。EBITAであれば、会計基準によらず、公平に企業の収益力を評価することが可能となります。

なお、海外では無形固定資産とは別にのれんをとらえるのが通常で、Goodwill and intangible assetsのように表記されます。

 

 

◆ 他の単語と組み合わせると

 

Acquire 【動】買収する


Goodwill is the amount of money paid over and above the acquired company’s net assets.

▶  のれんとは、買収された会社の総資産より多く支払われた金額のことです。

[便利なイディオム]over and above~ ▶~に加えて

 

Name and fame 【名】評判・名声


A company’s reputation or name and fame contributes to goodwill.

▶  会社の評判や名声は、のれんに貢献しています。

 

Circumstance 【名】状況・事情


Circumstances in which goodwill needs to be evaluated arise when the structure of companies and partnerships change.

▶  のれん評価の必要が発生する状況は、企業やパートナーシップの構造が変化したときです。

 

Separate 【形】別々の・個々の


Any impairment losses for goodwill should be reported as a separate line item on the profit and loss statement.

▶  のれんの減損は、PL上に独立した項目として報告しなければなりません。

 

 

◆ 世界の一流企業はこう語る

Due to the substantial carrying value of goodwill under International Financial Reporting Standards (‘IFRS’), revisions to the assumptions used in assessing its recoverability, including discount rates, estimated future cash flows or anticipated changes in operations, could lead to the impairment of certain Group assets.

(出所:Vodafone Group PLC, Annual Report, 2013)

▶  IFRSにおいてのれんの巨大な帳簿価額が存在するため、割引率、予測将来キャッシュフローや今後予測される営業活動の変更を含む、回収可能性の評価に使われる条件が見直された場合、特定グループの資産の減損に至る可能性があります。

 

 

(大津広一・我妻ゆみ著「会計プロフェッショナルの英単語100」ダイヤモンド社より)

(イラストグラフィックデザイン:我妻志保
Illustrated graphic design:Shiho Wagatsuma)

 

<書籍紹介>

会計プロフェッショナルの英単語100

会計プロフェッショナルの英単語100

厳選した重要単語を、現場でのニュアンスや関連用語との組合せ方まで掘り下げて解説した「会計×英語」入門の決定版が登場!
読者は、ビジネスで必須となるBS・PL上の100語を深く理解しながら、それに関連する主要な会計英単語の意味と使い方を知ることができます。
外資系企業の方はもちろん、海外赴任者、米国公認会計士の受験者、海外MBAの受験者、 経理・財務・IR等の担当者の必携書です。

>>> この本をAmazon.co.jpで購入する


著者

大津 広一

株式会社オオツ・インターナショナル代表
米国公認会計士、経営コンサルタント

早稲田大学大学院ビジネススクール客員教授
多摩大学大学院ビジネススクール客員教授
慶應義塾大学理工学部管理工学科非常勤講師