Treasury Stock(自己株式)|会計プロフェッショナルの英単語100


Treasury Stock

自己株式:Treasury Stock(英語)

 

企業が保有する自社の株式です。日本語でも自己株式を金庫株と表現するように、英語でも自己株式をTreasury(宝物)Stock(株式)と表現します。宝物とは言いますが、自己株式そのものには議決権も配当をもらう権利もありません。ただし将来のM&Aなどに活用することは可能です。企業が自社株買いを行う理由には、ROEやROAといった経営指標の改善、一株当たり利益(EPS)向上による株価上昇への期待、一株当たり配当額の改善、浮動株数の減少による敵対的買収防衛策などが挙げられます。

 

◆ 関連用語

自己株式は、Treasury sharesとも呼びます。

100億円の自社株買いをした時の仕訳は以下のとおりです。Treasury stockは、BSの左の資産の部ではなく、右の純資産の部にマイナス勘定として表記されます。

056treasurystock02

自社株買いすることは、以下のように表現されます。

056treasurystock03

また購入した後の自己株を消却(Retire or cancel)すると、発行済み株式数(Number of shares outstanding)が初めて減少します。

 

◆ 他の単語と組み合わせると

 

Retire 【動】消却する


Treasury stock may eventually be retired or reissued.

▶  自己株式は、いずれ消却または再発行することができます。

 

Reacquire 【動】再取得・再購入

Open market 【名】公開市場


Reacquiring company shares helps prevent hostile takeovers by reducing the amount of available stocks in the open market.

▶  会社の自己株式の再取得は公開市場における浮動株数の減少となり、敵対的買収を防ぐのに役立ちます。

 

Repurchase 【動】買い戻す


Repurchased shares are not included in share calculations, increasing values such as earnings per share.

▶  買い戻された株は株式指標の計算に含まないため、一株当たり純利益(EPS)などの数値を改善します。

 

 

◆ 世界の一流企業はこう語る

We plan to buy back shares to get below 10 billion, where we were before the crisis. We will make significant progress toward that goal in 2013 by allocating a significant portion of the NBCU cash to repurchase our shares.

(出所:General Electric Company, Annual Report, 2012)

▶  私たちは金融危機前の水準である100億株以下まで自社株買いする計画です。2013年には、NBCU(NBC Universal:GEが2013年に売却したメディア・エンタテイメント企業)の現金の大部分を自社株買いに回すことで、計画の達成に向かって大きく前進するでしょう。

 

 

(大津広一・我妻ゆみ著「会計プロフェッショナルの英単語100」ダイヤモンド社より)

(イラストグラフィックデザイン:我妻志保
Illustrated graphic design:Shiho Wagatsuma)

 

<書籍紹介>

会計プロフェッショナルの英単語100

会計プロフェッショナルの英単語100

厳選した重要単語を、現場でのニュアンスや関連用語との組合せ方まで掘り下げて解説した「会計×英語」入門の決定版が登場!
読者は、ビジネスで必須となるBS・PL上の100語を深く理解しながら、それに関連する主要な会計英単語の意味と使い方を知ることができます。
外資系企業の方はもちろん、海外赴任者、米国公認会計士の受験者、海外MBAの受験者、 経理・財務・IR等の担当者の必携書です。

>>> この本をAmazon.co.jpで購入する


著者

大津 広一

株式会社オオツ・インターナショナル代表
米国公認会計士、経営コンサルタント

早稲田大学大学院ビジネススクール客員教授
多摩大学大学院ビジネススクール客員教授
慶應義塾大学理工学部管理工学科非常勤講師