Cost of Goods Sold(売上原価)|会計プロフェッショナルの英単語100


cost of goods sold

売上原価:Cost of Goods Sold(英語)

 

売上原価は、漢字をよく見れば「売上げたものの原資となる価値」と読めます。これをそのまま英語にしたものが、Cost of goods soldです。略してCOGSと表記されます。

060costofgoodssold02

 

COGSのことばの通り、売上原価には売上として計上したものに直接対応する原価のみが記述されます。製造業は製造原価、小売業は仕入原価、サービス業はサービス原価のうち、あくまで今期の売上高に直接対応するものです。製造業や小売業では、まだ売れていないものは棚卸資産として、BSにいったん計上されます。

製造業の3大原価と言えば、原材料費(Raw materials)、労務費(Labor)、減価償却費(Depreciation)です。製造を外注する企業は、減価償却費が少ない代わりに、外注作業費(Outsourcing cost)が膨らんでいきます。日本の有価証券報告書では単体ベースの製造原価明細書が開示されています。海外の決算書類でも主たる原価の中身は表記されるのが通常です。

なお、IFRSではCOGSとSG&Aの区分に分ける費用機能法(Function of expense method)に加えて、区分せずに単に費用を並べる費用性質法(Nature of expense method)が認められています。

 

◆ 関連用語

Cost of goods sold=売上原価は、厳密には在庫(Goods)を販売する企業のことばです。もっと汎用的には、Cost of salesと表現することもあります。またサービス業はサービスコストが売上原価なので、Cost of servicesとするほうがより明確でしょう。

 

 

◆ 他の単語と組み合わせると

 

Cost accounting 【名】原価計算


Personnel at the manager level and above should have an understanding of cost accounting.

▶  マネジャーレベル以上の人材は、原価計算の理解が必要でしょう。

 

Percentage of sales 【名】売上高比率


We are committed to reducing COGS as a percentage of sales over the next three years.

▶  我々は向こう3年にわたって、売上高原価率を下げることを、コミットメントしました。

[便利なイディオム]be committed to ~ing ▶~にコミットする

 

Price hike 【名】価格上昇


The price hike in raw materials led to an increase in COGS.

▶  原材料の価格上昇は売上原価の増加につながりました。

[便利なイディオム]A led to B ▶AはBにつながった

 

 

◆ 世界の一流企業はこう語る

Our productivity program includes $6 billion of savings in cost of goods sold, $3 billion from non-manufacturing overhead, and $1 billion from marketing efficiencies.

(出所:P&G (The Procter and Gamble Company), Annual Report, 2012)

▶  私たちの生産性プログラムには、売上原価60億ドル、非製造部門間接費30億ドル、そしてマーケティング効率化10億ドルの削減を含んでいます。

 

 

(大津広一・我妻ゆみ著「会計プロフェッショナルの英単語100」ダイヤモンド社より)

(イラストグラフィックデザイン:我妻志保
Illustrated graphic design:Shiho Wagatsuma)

 

<書籍紹介>

会計プロフェッショナルの英単語100

会計プロフェッショナルの英単語100

厳選した重要単語を、現場でのニュアンスや関連用語との組合せ方まで掘り下げて解説した「会計×英語」入門の決定版が登場!
読者は、ビジネスで必須となるBS・PL上の100語を深く理解しながら、それに関連する主要な会計英単語の意味と使い方を知ることができます。
外資系企業の方はもちろん、海外赴任者、米国公認会計士の受験者、海外MBAの受験者、 経理・財務・IR等の担当者の必携書です。

>>> この本をAmazon.co.jpで購入する


著者

大津 広一

株式会社オオツ・インターナショナル代表
米国公認会計士、経営コンサルタント

早稲田大学大学院ビジネススクール客員教授
多摩大学大学院ビジネススクール客員教授
慶應義塾大学理工学部管理工学科非常勤講師